厳選!給水方式の変更工事6業者

二つの方式を比べてみる

給水方式には受水槽給水方式と直結給水方式があり、それぞれの方式を比較していきます。受水槽給水方式は、一度受水槽に水を貯めてから給水するので、災害などで断水したときでも利用することができます。直接給水方式は貯水槽を使わずに、直接水を供給する方式のことです。

受水槽給水方式は災害に強いのですが、受水槽を定期的にクリーニングする必要があります。直結給水方式はクリーニングは必要なく安全な水を供給できますが、水を貯めておくことができないので断水すると苦労します。

どちらにもメリットデメリットがありますが、おすすめするのが直結給水方式で貯水槽が必要ないのでスペースに余裕ができます。また維持管理費が要らなくなるので、コストが安くなります。また安全な水を提供できるので安心です。給水方式の変更工事を検討しているかたは当サイトを参考にしてみてください。

積水工業株式会社

マンションは鉄筋なのでそれなりに耐用年数も長いです。ただ給水設備などは定期的に変更が必要で、給水方式の変更工事が必要になるときもあります。積水工業株式会社は24時間365日いつでも工事の受付に対応してくれます。

マンションの給水方式の変更工事を業者に依頼するとき、下請けを通す業者だとコスト高になるなどの問題も出てくるでしょう。積水工業株式会社は下請けを通さずに自社内で工事を完結してくれるので、費用も掛かりにくくサポート体制も整っています。

給水方式の変更工事には一定の技術が必要で、工事には一定の技術を持った技術者も必要になります。積水工業株式会社には多くの資格を持った社員が在籍しているので、適切に法律に基づいた工事を行ってくれるでしょう。

株式会社ビーム

株式会社ビームが設立されたのは平成4年10月のことで、東京都の江東区の新大橋で活動しています。会社の営業時間は朝の9時ちょうどから夕方の17時ちょうどで、定休日は日曜日と祝日、それから第1と第3と第5の土曜日、さらに年末年始などです。

会社の主な業務内容は給排水衛生設備の改修点検や修理、空調設備の保守点検や修理、貯水槽やフィルターの清掃などとなります。いずれにしても工事を行うための許認可が必要で、そのために東京都知事許可(般-13)第94073号を取得しています。

具体的な主な活動の1つは上水道を給水するための変更工事で、従来主流だった受水槽や高架水槽経由での給水方式を、衛生面改善のため受水槽や高架水槽を使わない変更工事を行っています。ちなみにサービス対応エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の4都県です。

株式会社新研設備工業

マンションにおいては各居室に給水する仕組みが必要で、給水方式によっては管理などにコストがかかりがちになるときがあります。株式会社新研設備工業では変更工事をしてもらえますが、管理コストが軽減できる設備に変更してもらえます。

マンションと言いますと受水槽に水を貯めて給水する方式が良くとられますが、受水槽が不衛生になりがちで管理が大変な時があります。株式会社新研設備工業においては変更工事において直結給水システムが選択可能になっています。

階数の高いマンションだと給水方式を直結方式にするのが難しい時があります。株式会社新研設備工業が変更工事を行うときには、給水時に増圧ポンプを用いることで高い階に対しても安定して給水が行えるようにしてもらえます。

株式会社忠光

埼玉県入間市にある株式会社忠光は給水方式による変更工事などを手掛けている会社です。その特徴は迅速でかつ的確に施工するという点で人気があります。上品質な施工を展開していますので、信頼できる会社と言え、とても安心できます。

またスタッフの経験や知識が豊富にあることも大きな特徴です。このため分からないことや不安なことなど、給水工事に関することなら何でも的確にアドバイスすることが出来ます。問い合わせは電話かメールでいつでも受け付けているのも嬉しいサービスと言えます。

そして何よりも魅力的なのが価格がリーズナブルであるという点です。非常に良心的な料金体系のため利用しやすく、これまで多くの人が利用しています。もちろん見積もりは無料で対応していますので、便利です。

アクアネット

株式会社オールクイックは2012年11月に設立された会社で、本社は大阪市の平野区の長吉出戸というところで活動しています。会社は本社以外に東京の葛飾区の細田という場所に東京工事部も活動しています。会社の主な事業内容は水道工事で、アクアネットという店舗名で運営しています。

アクアネットの水道工事では主にアパートやマンションなど集合住宅の給水方式の変更工事を行っています。給水方式の変更工事は高架水槽を使用していた給水方式から高架水槽を使用しない給水方式へ変更することです。これによって水の品質劣化や高架水槽の掃除を回避できます。

これらの工事を可能にするため、許認可として建設業許可は大阪府(般-30)第150652号を取得済みです。さらに大阪市や堺市や京都市でも工事を行いやすくするため、大阪市では水道局指定第2185号、排水設備工事指定第1776号を、堺市では水道局指定第1194号、排水設備工事指定第1531号を、京都市では水道局指定第928号などをそれぞれ取得しています。

ニッポー設備株式会社

ニッポー設備株式会社は給水方式の変更工事等の給排水衛生設備工事を行う企業です。ニッポー設備株式会社では自社のみならず協力会社とも提携し、定期的に「安全協議会」や「合同研修」を開催することで、サービス品質の維持・向上に努めています。

「新人研修」や「管理職研修」等様々な研修を実施し、人間力の強化を図っています。また技術面においても資格勉強会を開く等、積極的に資格取得を促し、社員一人ひとりの技術力向上に取り組んでいます。

仕事環境もノー残業デーの推進を行う等、ワークライフバランスを大切に考えています。また最先端のITシステムを導入することで仕事の効率化も図っており、社員がより良いパフォーマンスを発揮できるよう、職場環境を整えています。

もしこれから給水方式の変更工事を希望するなら

特定のアパートで及びマンションなどの施設の給水方式の変更工事を希望するのであれば、しっかりと工事を行ってくれる、優秀な業者を探すことが重要となります。信頼と実績のある業者にお願いをするように意識することで、確かの結果を残してもらうことができるはずです。給水方式変更工事が上手な業者に関しては、いろいろなところでピックアップされている傾向が強いので、様々なメディアやコンテンツを活用してリサーチしてみると良いでしょう。ときには雑誌で、そしてときにはテレビコマーシャルでも取り上げられていることがあります。ただ、今の時代の人であれば、直接的な情報を手に入れるためにも、インターネット上に目を向けた方が無難です。ネット上なら、特定の地域で活躍している工事業者をすぐにピックアップすることができるでしょう。

特に注目しておきたいのは、インターネット上の口コミを確認できる情報サイト、そして個人のブログやソーシャルメディアの情報です。その類の情報コンテンツで、たくさんの名前が見かけられるような有名な工事業者であれば、安心して任せられる可能性は相当高くなります。少なくとも素人判断で選ぶよりは、経験者の話を頼りに業者を厳選した方が、良い結果を出しやすくなるでしょう。それから、いくつかの優秀な業者をピックアップしたら、その業者のホームページに目を向けるように心がけることが大事です。ホームページをチェックすることによって、その業者の特徴を細かく把握することができます。特に、今までの業者の工事の事例を確認し、料金表も同時にチェックしておけば、その業者がコストパフォーマンスの良い業者かどうかを見極める目安となるでしょう。

できるだけコストパフォーマンスが良い工事業者を見つけ出し、その上で声をかけるのが、どのような業界においても基本となります。予算が決まっているならなおのこと、せめてその予算内で動いてくれるような業者を選ぶようにしておきたいところです。ある程度優秀で信頼できる、コスパの良い業者を見つけることができたら、話を進めるようにしましょう。工事が始まる前に、大掛かりな工事になってしまうということも想定し、周辺住民にはしっかりと呼びかけをしておくことが重要となります。呼びかけをすることによって、大きな音が発生しても、それはそう音のクレームにつながらなくなってくるはずです。呼びかけの重要性を理解している工事業者であれば、こちらから指摘せずとも、自然と呼びかけをしてくれるでしょう。