不動産購入後について

不動産購入した後の不安

トップ / 不動産購入した後の不安

不動産売買と賃貸の情報

遊休不動産の活用方法

土地などの遊休不動産を保有されている方のもとには、マンションやアパートの建設会社の営業マンが営業に来られると思います。その際の提案資料は、マンションやアパートを建設した後の賃料収入のシュミレーションです。大概入居率が90〜100%平均を前提にしています。しかし、賃貸不動産というものは、建てた当初は入居率は良くても年数を経るにしたがって入居率は低下していきます。特に単身用物件は既に飽和状態なので、10年を越えると目に見えて入居率も低下し賃料の低下も避けられません。このような事態を避けるためには、1LDKなどの供給数が少ない物件を建設していくことが必要です。もちろん、利回りは多少低くなりますが、トータルで見れば高い入居率を維持できる物件を建設した方が得策でしょう。

ローンを組む場合について

不動産を買うことは一生に一度、あるかないかでしょう。中には、二度、三度と住み替えをするという人もいますが、それは特殊なケースです。家を持つ場合、ほとんどは、ローンを組むことが多いようです。景気がどう変わるかわからない現代、今貰っているお給料がずっと続けばいいですが、将来どうなるかわかりません。購入する場合、なるべく頭金を増やして、購入するようにしましょう。無理のない不動産購入が、将来への不安をだいぶ軽減してくれます。返済もなるべく早く済ませるようにしましょう。繰り上げ返済と言う方法があるので、余裕資金はそちらに回すようにしましょう。