登記という不動産用語

不動産の登記という概念

トップ / 不動産の登記という概念

不動産売買と賃貸の情報

不動産の登記手続きについて

不動産は高額な財産の代表格の一つですが、現金や預金と違って、登記制度があるのも特徴です。商品などの動産は、持っている人から買えばいいですが、不動産は文字通り”不動”なので、持ち歩いて売るわけにはいきません。そこで、所有者を明示して取引の安定を図るために登記制度があり、登記簿謄本を見ると面積や地目、所有者や抵当権の状況などを知れます。登記手続きには登録免許税という税金が掛かりますが、売買による所有権の移転の場合は買主(所有者になる人)が負担、抵当権の設定や抹消は資金の借り手が負担するのが一般的です。

日吉にある新築マンションのサイトです。この物件は私の一番のお気に入りです。最近物件ばかり見ているのですが、ここほど条件が整っているところは少ないですよ。

西和不動産販売について

滋賀県内で注文住宅や新築一戸建てなどを検討しているのなら、一度西和不動産販売さんに相談してみることをおすすめします。昭和63年1月以来地元の住まいのアドバイザーとして営業を続けてきた業者さんです。注文住宅以外にも、屋上庭園などの工事も手がけており、施工技術の面では安心して任せられます。営業時間は、9:30〜19:00となっており、水曜日は定休日ですので気をつけてください。また、電話での相談もOKです。